JAPANESE SOUL(ニッポンの魂) » the fascinations「Sweet Memories」

the fascinations「Sweet Memories」

KANEKO HIDESHI — Kaneko Hideshi @ 22:12

ヴィブラフォン奏者の”渡辺雅美”率いる”the fascinations”が、
”松田聖子”の大名曲をカヴァー。

元”ラヴ・タンバリンズ”の”eli”ちゃん。

2月はいろいろ甘酸っぱい思い出になることばかりが生まれる、分かれと出会いの月。

なんとも、甘酸っぱいですな〜☆




1件のコメント »

  1. […] えー、さてー、世間の平昌(ピョンチャン)冬季オリンピックのメダル争奪戦の熱も下がり、いったん落ちついた2月の末となっておりますが、みなさまいかがお過ごしでしょうか?永田町では、この2〜3週間、モリカケ問題の隠ぺい疑惑と、「裁量労働制」のねつ造データ問題で、オリンピック以上に過熱しておりますなー。なかでも「裁量労働制」の拡大への道は、アベちゃん政権の目玉のひとつでもある「働き方改革関連法案」の一環。そんな重要な法案改正ににむけた国会での答弁が、ムダに白熱しております。コトの発端は、「平均的な方で比べれば、一般労働者よりも労働時間が短いというデータもある」と熱弁したアベちゃんの、使用したデータがねつ造されたものだったというトコロ。都合よすぎなデータを発表して、国民をダマしダマし安心感を与えたいのはわかりますがね、いくらナンでも”ねつ造”はダメでしょ。モリカケ問題といい、この件といい、まったくもってメチャクチャですがな。データねつ造問題といえば、例のSTAP細胞での小保方氏。当時、彼女へのタタキ方が、あまりにもヒドすぎてヘドがでそうでしたがね。あの時に、彼女をタタいていたメディアは、今回の件に関してはまったくもってしずかですなー。しかも、現状、アベ政権と厚労省の責任の押しつけあい、なすりつけあい状態。さらに、データの再調査はせず、そのまま法案の審議をススメようとするという、、、まったくもってよくわからない方向にむかっております。なんとも、やり方がドイヒーすぎて、コトバがデナイですがな。そもそも「裁量労働制」の拡大が、ワレワレ国民、とりわけ労働者にとって、ホントにイイモノなのか、必要なのモノなのかも疑問ではありますがね。。。ちなみに、コレを拡大するコトによって、もともと限られた職種のみに採用されていた定額賃金が、企業側は特に特殊業でもない裁量がない労働者に対しても、定額の賃金(残業代なし)にするコトができるようになる可能性があるワケです。と、いうことは、ドコかのメディアにも書かれていましたが、「定額働かせ放題」になる可能性がナキニシモアラズ。企業的には人件費をおさえられるのでありがたい話ですがね、労働者的にはあり得ない。終身雇用なんてコトバは、いまや死語同然の現代社会。とはいえ、この法案改正で”合法的ブラックな企業”が増えるというのも、どうかとおもいますよー。働き方は、ヒトによってちがってもいいハズ。できれば、さまざまなヒトの働き方に合うような「働き方改革関連法案」になってほしいなーと、ワタクシは思いますが、働かれているみなさんは、今回の件、どのように考えますか?the fascinations「Sweet Memories」旅路 良 […]

この投稿へのコメントの RSS フィード。 TrackBack URI

コメントする

© 2019 JAPANESE SOUL(ニッポンの魂)