JAPANESE SOUL(ニッポンの魂) » KANEKO HIDESHI

Sarah Furukawa「Soloom」

KANEKO HIDESHI — Kaneko Hideshi @ 22:40

先日、青山のライブハウス「月見る君想う」で、すばらしい配信ライブを披露していた”Sarah Furukawa”さん。

アンニュイでハスキーな感じの声がいいんですよねー。

この曲は、おそらく自分が歌って生きていくコトをきめた、、、みたいな歌詞で、いろんな意味であたらしい道へと歩む決心というか、そんな感じが、いまの社会の情勢だったり、雰囲気だったり、ワタクシ自身の心情だったりにピッタリというか、そんな感じなのです〜。



mei ehara「最初の日は」

KANEKO HIDESHI — Kaneko Hideshi @ 16:55

サウンドといい、声質といい、もう文句ナシの”mei ehara”さん。

コチラは先日リリースしたばかりの2ndアルバム『Ampersands』にも収録された「最初の日は」。

いろいろな意味で最初がおおい今日このごろ。

やはり最初の日はアレですかねー。。。



明石家さんま「しあわせって何だっけ」&「Japanese Soulナイト」中止のお知らせ

残念ですが、今月もコロナッチにおける緊急事態ナンチャラの延長、およびバーナイトフライの営業自粛により、今週金曜日2020年5月15日に予定しておりました「Japanese Soulナイト」の開催は中止です〜☆ 6月も状況によっては中止をするカモ、しないカモ〜。ですので、ひきつづきお知らせはコチラか、オフィシャルサイトにて、チェケらッチョでバケラッタのパンチョ伊東のほど、よろしくお願い申し上げます☆


※Japanese Soulオフィシャルサイト:
http://japanesesoul.jp/

TWITTER:@J_S_Crew
Facebook:japanesesoul




コチラは再掲です。

幸せって、いったいナンだったのでしょうか。

こういう状況になるといろいろ考えてしまいますが、自分の幸せを考え直すいい機会なのかもしれませんねー。

そんなワケで、この曲を〜



ASA-CHANG エマーソン北村 「千の風になって」

KANEKO HIDESHI — Kaneko Hideshi @ 16:03

あの大名曲を、アンダーグランド日本を代表するおふたりが、
メロウなスカ&ダビーでカヴァー。

フィーチャーリングの”小島麻由美”さんのアンニュイでカワイイーヴォーカルがまたたまらんのです。

この状況下でこの曲、、、なんだか涙が止まらないのですよ。。。



植木等「無責任一代男」

KANEKO HIDESHI — Kaneko Hideshi @ 18:14

いやー、、、なんとも言えない時代になってしまいましたなー。

しかし、会見を見るたびにこの歌がアタマのなかをループしてしまうのは、
ワタクシだけでしょーかw??



『Japanese Soulナイト』開催中止のお知らせ/柏原芳恵「春なのに」

みなさま、いつも大変お世話になっております。この度、例のコロナウイルスにおける緊急事態ナンチャラのコトもあり、会場のバーナイトフライも当面の間、営業の自粛を余儀なくされ、それに伴い2020年4月17日に予定しておりました「Japanese Soulナイト」の開催を中止するコトにしました。いつも遊びに来ていただいている方、来てはいないケドなんとなく気になってくださっていたみなさま、大変申し訳ありません!5月においても、状況によっては中止をするカモしれません。お知らせなどは、引き続きコチラか、オフィシャルサイトなどで告知していきますので、チェケらのほど、よろしくお願い申し上げます。
個人的に、ナンらかのカタチで、日本の楽しい音楽はお届けしますので、なにとぞご容赦くださいませ!!
それでは、しばしのお別れにございまする☆




※Japanese Soulオフィシャルサイト:
http://japanesesoul.jp/
TWITTER:@J_S_Crew
Facebook:japanesesoul



春なのにぃ〜、、、お別れですかぁ〜、、、ってネ☆




矢野顕子「PRAYER」

KANEKO HIDESHI — Kaneko Hideshi @ 18:17

コチラ、パット・メセニーがアッコちゃんのために作曲した曲。

いろーんなヒトたちの生活が元にもどりますよーに!という、祈りをこめて。。。



多部未華子「悲しくてやりきれない」

KANEKO HIDESHI — Kaneko Hideshi @ 21:06

コチラは、映画『あやしい彼女』のなかで披露した未公開歌唱シーンが、フルでアップされてます。

オリジナルは、”加藤和彦”率いる”ザ フォーク クルセーダース”。

この曲、女性が歌うと合うんですよねー。。。

それにしても、いろいろヤリきれんですわー。。。。



山下達郎「希望という名の光」

KANEKO HIDESHI — Kaneko Hideshi @ 19:05

いま、この状況に”山下達郎”さんだったらナニを歌うのかなーと、考えたとき、
やはしこの曲しかないでしょ!



荒井由実「まちぶせ」&Japanese Soulナイト

Event,KANEKO HIDESHI — Kaneko Hideshi @ 18:27

毎月第三金曜日に開催中のイベント『Japanese Soul ナイト』@ナイトフライ(渋谷)。

次回は、2020年2月21日(金)に『TYO magazine/トーキョーマガジン』10周年プレパーティとして開催します!

ゲストライブには、バロンあらため上の助空五郎くんがひさびさに登場。

おたのしみにー!!!



2020/2/21(金)
◆Japanese Soulナイト@NIGHTFLY
-TYO mag/トーキョーマガジン10周年プレパーティ!-




ライブ
上の助空五郎(a.k.a.バロン)

DJs
高橋KO1(ミラーボール)
SHIN SHIMOKAW(DCC)
坂本幸隆(Tower Records)
makillda(Morning Moon)
Kouhei “king” Nozaki
DAISK8(swingboys)
カネコヒデシ(TYO mag)
ほか



OPEN / START:22:00-
ENTRANCE FEE:1,200YEN(1D)

NIGHTFLY(ナイトフライ)@渋谷(UP LINKの裏 1F )
TEL:03-3481-6009
http://nightfly.tokyo/

地図はコチラ

※Japanese Soulオフィシャルサイト:
http://japanesesoul.jp/

TWITTER:@J_S_Crew
Facebook:japanesesoul





そんなワケで、ナゼかつづけてユーミンをアップしてしまいましたが、
コチラは、1976年に三木聖子に提供し、
その後、81年に石川ひとみがカヴァーして大ヒット。

本人も、96年にセルフカヴァーしております。

いいんですよねー、、なんか。



次ページへ »
© 2020 JAPANESE SOUL(ニッポンの魂)